FX
業界最安値のスプレッド!!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXの教科書 |松田 哲

FXの教科書FXの教科書
松田 哲
扶桑社 刊
発売日 2008-03-01




これから投資を始める人の入門書として 2010-02-19
これから投資を始めようと本書を購入しました。
具体的なトレーディング方法などの指南はないのですが、
特定のオンラインFXの団体を推薦したり、やり方を教えてくれるものではなく
FXがどのような流れで売買されるのかを分かりやすく書かれている本だと思いました。
いまいち、外貨を買うとうい感覚しかなかったので
円を売るという発想を本書でAHA体験できて個人的にはよかったと思っています。
以前外貨預金を塩漬けにしてつらい思いをしたのですが、
仕組みを分かっていなかっただけということがわかっただけでもめっけものです。
さて、これからどうやってトレードを始めよう。というところまで本書のおかげでこれた感じです。
ありがとうございました。頑張ります。

FX取引の裏側を見た気がします。 2009-11-01
本書の構成は非常に面白くできています。

最初は、NYで為替ディーラー取引の物語から始まります。はじめ読んだ時には具体的な手法が知りたいと思っていたので、少々退屈でしたが、読み進めると為替取引市場で個人投資家がいかに小さな存在かがわかりました。

これが、わかっただけでもいかにトレンドについていくことが大切なのかが身にしみました。

いままで、MACD、RSI、からはじまりさまざまなテクニカル分析の本や必勝法を読んでは、試し、損を積み上げ、くじけてはまた別の本を読み漁るという繰り返しでした。

トレンドラインとサポートライン、罫線だけでも十分成績を残せるようになったのはこの本のおかげです。

最初にこの本を手にとってその良さがわかるというよりは、ほとんどのことは試したという人が原点にもどるためにはいい本だと思います。


さらに詳しいFX情報はコチラ≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。