FX
業界最安値のスプレッド!!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

為替鬼のFX スキャルピング入門―7万5000円から始めて5000万円儲けた! |津田 英明

為替鬼のFX スキャルピング入門―7万5000円から始めて5000万円儲けた!為替鬼のFX スキャルピング入門―7万5000円から始めて5000万円儲けた!
津田 英明
ダイヤモンド社 刊
発売日 2009-07-17




為替で飯を食う一つの手段 2009-10-10
すばらしい。
全くの素人でも、為替で飯を食えるようになる生き証人ここにあり。
やるべきことを分かっていても、それが実行できる人は少ない。
経歴を見ると、デモ口座での売買記録を実際にアップすることによる知名度、信憑性の拡大に1年を費やすという入念さ。
まず、本人はリアル口座であると実際に明言したわけではないし、この段階では倫理的にはともかくとして法的には金を対象相手から引き出させたわけでもないし詐欺ではないだろう。
ファンドの公募、1ヶ月で40パーセントの原資マイナス→解雇。
これも実際に欺網して金をぶんどるつもりでもなく、実際に儲けてファンド投資者にその利益を還元しようとした意図は見受けられるので、法的にはやはり詐欺罪の適用はありえない。
これで経歴に元FXファンド運用者という『プロ』の名がつく、知らない人からはさぞか立派に映るであろう肩書きがついた。
同時に本の出版=印税の確保。

相場はトレード以外にも稼ぐ方法はある。
スペキュレートで稼げない人が、本の出版で稼いでいる例は履いて捨てるほどある。
本当にスペキュレートで稼げるトレーダーは優位性を打ち崩す本など出版しないし、稼げないトレーダーは本を出版する。
それだけの話。

騙された人???
ご愁傷様。
しかし、相場は損する人の存在があってこそ儲ける人もいるもの。

MTでタイミングチャートのインディケーターを作ってみましたが。 2009-10-07
この手法は1分足なので使いこなすのが難しいです。それは僕個人の問題なのですが。
ただそれを克服するためにMTでタイミングチャートの音付きインディケーターを開発し、現在ブログでそれを公開しています。
書籍での決済方法は、5pips 10pips 伸ばし、 損切りは15pips*3となっているので、損大利少の傾向にあり負けが連続すると心が折れてしまいます。
発売後いろいろ改善されているようなことがブログに書かれていたので、現在は書籍に書かれているやり方に磨きをかけて優位性のある手法に進化しているみたいですね。
心理面についての記述はなかなか秀逸だと思います。
ただ、書籍に書かれている通りに投資行動を行うと、損が膨らんでいくために評価のほうは☆2くらいかとも思ったのですが、アレンジして工夫をすれば儲けられる手法に変わると言う観点から☆4にしました。
ロジックは大変面白いと思います。安いですし、買っても損はないのではないでしょうか。


さらに詳しいFX情報はコチラ≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。