FX
業界最安値のスプレッド!!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知識ゼロからの外貨投資入門 (PHP文庫) |Kazu

知識ゼロからの外貨<FX>投資入門 (PHP文庫)知識ゼロからの外貨投資入門 (PHP文庫)
Kazu
PHP研究所 刊
発売日 2006-11-02




初心者には?良いかな? 2009-10-12
 FXに関してはいろいろな意見に分かれると思うので特に私自身の考え方は書かずに、この書籍の評価のみをさせて頂きます。
昨今、FXが流行っておりますが、海外の個人投資家のレベルと比較すると日本は30年ぐらいは知識が遅れているように私は思います。
日本では「FX」として特別に扱われていますが、世界では投資・投機対象の商品がただ「通貨」であるという認識です。
この本は2006年頃に発行されており、当時はまだ流動性の高い通貨でもスワップが高かったので、スワップが利点ということが
強調されております。また、基礎的なトレンドの考え方やオシレーターに関しても少しだけ載っていますので、割と安全な書籍
かと思います。あくまで相場に関しては「絶対」なシグナルの様なものは存在しません。ですが、この著者の考え方は低金利の貯金を
するぐらいなら手数料が安いFXでの運用をということが根底にあるようです。
他人の考え方を勉強するのには良いかもしれませんね。
短期間で原資を数倍にしようとか、FXは博打だとか、そういったバイアスを持っている方には少々退屈かもしれません。

平明でわかりやすい 2009-03-07
FXの研究のため購入した本。購入前にいくつか比較し、必勝法系の本よりもPHPなのでモデラートだろう、と考え選んだが、平明でわかりやすく、期待通りだった。内容もFXとは何か、チャート分析手法、投資方法や心構え、など一通り網羅している。筆者なりの勝負方法も書いてあるが、押し付けがましくないところに好感。

FXが流行りつつあることは知っていたが、盛り上がりぶりが伝わってきた。個人が外為市場の仕組を知り、チャート分析手法を研究し、シビアなレートで毎日勝負している。普及すれば日本の外貨投資も変わっていく、と実感。



さらに詳しいFX情報はコチラ≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。