FX
業界最安値のスプレッド!!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知識ゼロ、経験ゼロ、10万円からはじめる 内藤忍の投資手帳 |内藤 忍

知識ゼロ、経験ゼロ、10万円からはじめる 内藤忍の投資手帳知識ゼロ、経験ゼロ、10万円からはじめる 内藤忍の投資手帳
内藤 忍
ディスカヴァー・トゥエンティワン 刊
発売日 2008-10-01




サブプライム問題前に読めば。 2009-03-15
去年のサブプライム問題が起きる前に この本を読んでいれば、妻が購入した変額保険の損害は起きなかったし、 個々の株を千株単位で買わずに 上場投信を 数千、数万円単位で買っていて 損害は 微々たる金額で すんでいたはずです。

分散投資を志す人にとっての最良の書! 2008-12-25
内藤さんの存在を知ることになったのは、マネックス証券の口座開設でした。それも、自分が持っている株式を貸株しようと思ってのことでしたが、幸運にもマネックス証券が四半期に一度開催するコミッティーに参加させていただくことができ、マネックス証券の松本さんをはじめとする経営陣の方々に直接お会いできたことから、「もっとマネックス証券について勉強しよう。」と思い立ち、いろいろと調べているうちにマネックスユニバーシティの内藤さんの書籍に偶然出会ったわけです。
さて、本の中身ですが、実にすばらしいです。前の方のレビューでは「初心者向け」と言われていますが、投資経験13年の小生でも「あらゆる年齢・経験の方に使っていただける。」と思いました。簡潔に長所短所を書いてみましょう。

長所1.投資の基本を徹底的にマスターできる。
内藤さんの哲学は、「リスク分散・長期投資で淡々と」です。そんなこと分かっている!と思われる方々もいらっしゃると思いますが、手帳にはリスク分散のさせ方とアセットアロケーションの組み方が1年間の投資実践を通して身につけられるようになっています。長期にわたる詳細なデータからはじき出された分散投資をすぐに始められます。
長所2.投資用語が自然に身に付く。
手帳には月次のコラムと週ごとの投資用語解説が載っています。手帳を使っているうちに知らず知らずのうちに投資用語の勉強が出来ます。
長所3.毎月の宿題をこなして、自分の投資能力をUPさせられる。
毎月何かしらの宿題が課されています。例えば、自分の持っている資産の棚卸などですが、投資を長く続けていると、どこにいくら投資していて、全体のバランスがどうなっているのかが見えにくくなってきます。それを正しい資産配分へ導いてくれる、頼もしいツールが盛りだくさんになっています。

短所1.結果を早く求めたい人には不向き。
短所2.内藤さんの哲学に賛同できない人には不向き。

といったところです。小生は株式やFX等かなりハイリスクな商品にばかり手を出していましたが、この手帳に出会ってからは、低リスクな債券やコモディティ等への資産配分を始めました。まだまだアンバランスですが、追加投資によるリバランスを進めて行きたいと思います。

08年のような荒れ相場で大きく資金をなくした方や、改めて投資を1から学びたいという方にこそオススメです。


さらに詳しいFX情報はコチラ≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。