FX
業界最安値のスプレッド!!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからはじめる人のためのFX練習帳

これからはじめる人のためのFX練習帳これからはじめる人のためのFX練習帳

実業之日本社 刊
発売日 2008-04-11




広く,浅く,手っ取り早く「FXとは何か」を知るための本 2009-12-21
解りやすさと網羅性では山岡和雅氏の「はじめての人のFX~」より数段上
カラーのグラフなどを用い,視覚にうったえた解説と網羅性は初心者のFX入門書としてはなかなか良いと思った
それでも疑問点が残る点(おそらく第3章など)はネットで検索するとよいでしょう
ただこの本はトレードの指南書ではありません
FXプライムに口座を開設すると送付されてきます

入門書としては良いと思います。 2008-06-26
FXプライムに口座を作ったら送付されてきました。

FXの定義から始まって、テクニカルやファンダメンタルについて、
そのさわりの部分について、わかりやすく解説されています。
また、巻末はFXについての問題集形式となっており
理解を深める事ができます。
ただし、この本は単なる入り口に過ぎません。
今、これを書くために改めて見返してみましたが、その問題にしろ
FX暦たった2ヶ月の私が、ほぼ全問正解できるレベルです。

スワップ狙いに徹するなら別ですが、相場で勝ち残るには
この本だけでは、とうてい話になりません。
FXで『遊ぶ』ための入門書といった感じです。


さらに詳しいFX情報はコチラ≫
スポンサーサイト

買いシグナル・売りシグナルは[図]で覚える CFD 40の法則 |黒田 真人

買いシグナル・売りシグナルは[図]で覚える CFD 40の法則買いシグナル・売りシグナルは[図]で覚える CFD 40の法則
黒田 真人
ソーテック社 刊
発売日 2009-08-01




実はかなり実践的な内容に満足 2009-08-05
株もFXも少しやってみていますが、その浮き沈みに一喜一憂する毎日。
正直、サラリーマンなので、オンタイムにはそうそう売買することはできません。
でも、ネットで日経平均や為替が動くのを見ていると、ドキドキしてしまうのも事実です。
正直、疲れます。
結局、仕掛けるのは会社から帰って、NY市場が開いてから、明日はこんな動きをするだろうと予測を立てて、指値注文なんぞしています。

そこで興味を持っていたのがCFD。
でも、「差金決済取引」やら「相対取引」やら「証拠金取引」やら……
わかるようでわからないこのしくみが怖くて、結局手を出せませんでした。
ところが、この本に出会って、目が覚めました。
さすがに現役のCFDのセミナーをやっている証券マンの方が書かれただけはあって、非常に納得のいくわかりやすさです。
とにかく、とてもわかりやすいです。

さらに売買タイミングをはかるチャートの使い方は、まさに目からうろこです。
これ、本当にすごいです。
といっても、テクニカル分析なので、とくに手法が画期的ということもないのですが、チャートの分析手法がピンポイントで明確なところが、わかりやすく、なるほどと何度も感心させられました。
世に出ているテクニカルチャートの書籍を見てきましたが、ここまで、自分の投資に役立つものには出会えませんでした。
とにかくなんとなくではなく、すっきりさせてくれます。

それと、投資スタンスが「会社から帰っての数時間」朝早起きして数時間」で、自分の決めたルールに則ってやるというのも、現実的です。

証券会社選びからはじめる人も、すでにはじめてる人にも役立つ内容だと思います。
さらに、CFDにかぎらず、現物株やFX、先物をやっている人にも役立つと思います。



やっとでてきましたね。 2009-08-03
CFD、非常に興味があったのですが、そのメリットとやり方がいまひとつつかめないままにいました。
やっと納得のいく1冊が出てきた感があります。
決して、レバレッジをフル活用したり、一攫千金的な趣旨ではなく、
毎日こつこつ1万円なら1万円を稼ぐルールを見つけることが如何に大切かがよくわかります。

さらに、チャートの見方の解説がとてもわかりやすい!
これは、現物株やFXにも役立てると思います。
これだけでも、この本は買う価値があるかと。

景気回復を真に受けていいのか、株が買われ過ぎ感があるのか、米ドルはどうなるのか、金は本当に安定した投資商品なのか……すべてが正しく、すべてに疑問符が打てる相場だからこそ、
こういった良心的な内容に安心します。



さらに詳しいFX情報はコチラ≫

FXメタトレーダーで儲ける しろふくろうのスーパー投資術 (WINNER’S METHOD SERIES) |しろふくろう

FXメタトレーダーで儲ける しろふくろうのスーパー投資術 (WINNER’S METHOD SERIES)FXメタトレーダーで儲ける しろふくろうのスーパー投資術 (WINNER’S METHOD SERIES)
しろふくろう
日本実業出版社 刊
発売日 2009-07-30




メタトレーダー初心者に最適 2009-11-01
メタトレーダーでシステム売買するために購入しました。
まずは、メタトレーダーの使い方を覚えるためには最適な入門書となっています。

MT4のダウンロードの方法やデモ口座の開き方も詳しく書かれています。

メタトレーダーの基本的な使い方やインディケーターなどの表示の仕方、ネットでのインディケーターの拾い方、なども記載されています。筆者が実際に売買の参考にしているいくつかの手法も紹介されています。

ちなみに、EA(自動売買)などプログラムする人向けの書籍ではありません。しかし、EAを組むにあたってMT4ってどんなシステムになっているの?という基本的なことを押さえるにはよくできています。

筆者の本書に対する真摯で誠実な気持ちがテイストとして文章に現れています。

MTF(マルチタイムフレーム)テクニックの良書 2009-10-12
MT4(メタトレーダー)は、CT又はVT(CMS系)、DealBook(GFT系)と並んで
優れたチャートソフトです。そのMT4を活用するためにインストールか
ら丁寧に解説している素晴らしい実用書です。しかもMTF(マルチタイム
フレーム)というFXトレードで儲けるために必須のテクニカルツールを
初心者に分かり易い解説とともに提供しています。
「FX革命!」(扶桑社/南緒著)とあわせて読み、MTFによる堅牢なトレ
ンド認識によるセットアップ、シンプルで継続性のあるエントリーテク
ニック、意外と見落としがちなチャートポイント(高値・安値・リトレ
ースメント)を会得したならば、読者は自分の勝ちパターンを作り上げ、
儲けることの出来るトレーダーへと変貌を遂げることでしょう。文句無
く星5つです。


さらに詳しいFX情報はコチラ≫

信用取引は図解で覚える カラ売り35の法則 |椎名 馨子

信用取引は図解で覚える カラ売り35の法則信用取引は図解で覚える カラ売り35の法則
椎名 馨子
ソーテック社 刊
発売日 2007-12-15




タメになりました。 2009-10-17
読者に対する親身さが伝わっています。
この手の本でここまで親切にかかれた本は数少ないです。
勉強になります。

実用的でわかりやすい! 2008-09-17
素人でもわかりやすいように図を引用して、
懇切丁寧に書かれている!

株という一見、無味乾燥な世界に夢をもつこと
ができる一冊!

著者はこの本を含め、四冊も出しているその道
の専門家だけあって、随所に”さすがプロ! ”
とうなる箇所がある。

信用取引は、それまで知らない分野だったが、
この本は非常に参考になった。





さらに詳しいFX情報はコチラ≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。