FX
業界最安値のスプレッド!!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月100万円儲ける私のFXノート |鳥居 万友美

月100万円儲ける私のFXノート月100万円儲ける私のFXノート
鳥居 万友美
ダイヤモンド社 刊
発売日 2009-02-27




過度な期待をもって買うと期待はずれになるかも 2010-04-21
著者がつけているノートの内容が公開されているということで、どのような勝ち方を具体的にしているのか、以前から興味があったので購入した。参考になるところがないわけではないが、正直なところ、期待はずれだった。
ワンロット30万~50万ドルでのエントリーで勝っているわけだが、この結果を見て、FX初心者がうのみにして実践するというのは、非常に危険ではないかと思う。エントリー金額が大きすぎる。

ノートを公開することは、度胸のいることだが、ほんとうに知りたいところは闇に包まれたままだ。
読者、とくにFX初心者が必要とし、参考にしたいと思っているのは、トレード1件ごとのエントリー根拠だ。どうすれば勝てるのか。実際にチャートや指標がどのような状態の相場であるときにエントリーして勝てたのか、そこがはっきり書かれていない。エントリー根拠が書かれていなければ、1件ごとの結果だけを見せてもらっても、あまり参考になるとはいえない。そういう点では、皮肉にも、この本の中に公開されていた無名のお友達のノートの中に、エントリー根拠が記載されていて、参考になりそうなものがあったのだ。

ノートをつけて参考にするのはよい、でもトレードの手法はイマイチかな 2009-10-10
本書を読む前に「思考・発想にパソコンを使うな」(幻冬舎新書、増田剛己著)を
読んで、手書きでノートをつける重要性について再認識した。

ちょどそのタイミングで本を読むこととなったが、本書はFX取引を継続する上で
自分のトレードを記録に残してそこから学ぼうという趣旨の本。

トレードの手法を期待して読む本とは言えない。
他の方も書かれているが著者は本を書くたびに紹介されている手法を変えており、
(もちろんそれは著者の勝手だが)、本書の手法も本人はすでに使っていないようだ。

また、紹介された手法は短期間のチャート観測に基づくもので、実際に
十分な期間をプログラムでテストしたわけでもない。

FXを記録してそこから学ぶのは納得できたが、手法は参考程度にとどめたい。
なお、知り合いらしき数名への写真入りのインタビューがあったが、全くの不要。
インタビューは純粋な勝ち組のみにするべきで、発展途上の人は必要ない。
ページ埋めのこういう記事は勘弁して欲しい。

株や先物などに比べて全般的にレベルの低いFXの典型的な1000円本。




さらに詳しいFX情報はコチラ≫
スポンサーサイト

FXママの子育てしながら月収100万円マル秘テク |Mayuhime

FXママの子育てしながら月収100万円マル秘テクFXママの子育てしながら月収100万円マル秘テク
Mayuhime
扶桑社 刊
発売日 2010-01-20




違う角度から見れるようになる 2010-05-08
取引明細捏造などという噂がありましたが、
著者が刑事告訴して犯人が分り、捏造の事実はなかったと判明し、謝罪記事を書いていました。

そこで、改めて、正直な感想を書いてみます。

この本を読んで、確かにこの通りにすれば負けるはずがないことを感じていながらも、変な噂に振り回されていましたが、改めて読み直し、実践してみたところ、本当によく書かれた本だと思います。
エントリーポイントが明確になり、損は小さく押さえることができるようになり、トータルで利益が出るようになりました。
今までは、負けたらダメと思っていましたが、「負けない事は不可能で負けをいかに小さくするか」という事が書かれていて、考え方を根本的に変えることができました。負けを受け入れる事で勝てるようになるとは不思議なものです。
その他、様々な事を気づかせてくれた良い内容でした。

ブログファンにとっては有益かもしれませんが 2010-05-01
私は著者のブログを1年以上読んでいますので、日ごろブログに書かれていることがまとめられていて、ブログファンには有益と思いますが、著者をご存じない初心者の方がこの本を買って、いきなり成果が出る、というものではないと思います。(ご本人もこの本のあとがきでそういうことを書かれています)
それと、トレード手法というより「損切り」の重要性について重きを置いて書かれているように思います。ある程度テクニカルは学んだけど、トータルで利益が出てない、という方には、オススメではないでしょうか。


さらに詳しいFX情報はコチラ≫

世界一わかりやすい!FXチャート実践帳 |今井 雅人

世界一わかりやすい!FXチャート実践帳世界一わかりやすい!FXチャート実践帳
今井 雅人
あさ出版 刊
発売日 2009-03-06




丁寧わかりやすい 2010-05-04
若き日に麻雀の代打ちでその名を轟かせ、いまや衆議院議員でもある今井さんが丁寧に解説した本です。
似たようなデザインの表紙で株取引実践帳みたいのがありますから間違えて買わないように。
実践帳とありますが入門書と捉えたほうが無難です。実際のチャートを見たときは手も足も出ない状態になりますから。
動いているチャートでデモトレードをしてしっかり実力をつけてからリアルトレードに挑みましょう。
テクニカルなどはほとんど載っていないのでそこは期待できないです。
パンローリングの本のコレクターになっていないでこれを読んでデモトレードをしっかりやって今の相場にいち早く慣れましょう

表紙がもっとよければ・・・ 2009-09-06
表紙とタイトルでイマイチ感がありますが、サポートライン、トレンドラインなどの引き方はためになります。
実際に自分が引くトレンドラインと著者が引くトレンドラインの違いがわかるだけでも購入した価値があります。

わかっているようで、わかっていないトレンドラインの引き方が身につきます。


この本を買ってわかったことは、人間は忘れやすいということです。1回目読んだときに引いたトレンドラインと
2-3回目に読んだトレンドラインが違うこともしばしばありました。

トレンドラインの引き方がわからないという方にはおすすめの一冊です。


さらに詳しいFX情報はコチラ≫

FX 「シグナル」を先取りして勝つ! -稼ぐ人はなぜ相場の動きを読めるのか?- |松田 哲

FX 「シグナル」を先取りして勝つ! -稼ぐ人はなぜ相場の動きを読めるのか?-FX 「シグナル」を先取りして勝つ! -稼ぐ人はなぜ相場の動きを読めるのか?-
松田 哲
技術評論社 刊
発売日 2009-01-09




東京・NYチャートは参考になりました 2010-05-05
デイリーチャートを描くわけではなく、東京チャートとNYチャートを描くことによりその窓を確認する。
この二つのチャートにはロンドンチャートが省かれているため、窓を開けやすいというのが著者の理論です。

もし窓を開けた場合は窓を一旦埋めにいくことが多いので、それをよく念頭に置いてトレードしましょうということだそうです。

その他にははらみ線、酒田五法、ヘッドアンドショルダーなどを紹介。
さらに著者の年間推奨スケジュールを公開しています。

まだ半分しか読んでません 2010-02-17
途中までしか読んでません
内容は難しいです
松田哲さんの本は好きです


さらに詳しいFX情報はコチラ≫

FXトレーディング (ウィザードブックシリーズ) |キャシー・リーエン

FXトレーディング (ウィザードブックシリーズ)FXトレーディング (ウィザードブックシリーズ)
キャシー・リーエン
パンローリング 刊
発売日 2007-05-10




初心者向けとしては難解 2008-05-24
 FXについて説明していますが、初心者の方が初めに読む
にはいささか難解な言葉が多く、読み進めるのに苦労する
ものと思われます。
 ただ網羅されている内容は他のFX入門用の書籍よりも広
く、そして若干深く記述されており、かつ実際に取引を行
う場合において参考となる記述もいくつかあるので、取引
前の参考書の一冊として、よろしいのではないでしょうか。

シロウトが手を出してはいけないものだということがよくわかりました。 2008-02-18
'05年に取引法と取引システムが強化され、シロウトにも手が出しやすくなったといわれ、ここ1~2年の間に爆発的なブームになったFX取引。
本書はこのFX取引のオーソリティー的(値段からいって)な解説書かとおもったらさにあらず・・・
ちょっとくらい取引に手を染めたことがある人間ならわかると思うが、編集上の誤字なのかまたは単なる翻訳のミスなのかあまりにも誤訳(誤字)が多すぎる。
中でも「Order」に関する訳がめちゃくちゃ。これは前後に単語が付く専門用語で訳してたりするかとおもうと、その専門用語をバラバラに分解して「注文・順序・オーダー・命令」と文章の中のただの単語のように訳していたりとかなり的外れな意味になってしまっているところがある。
だが、本書の中で勉強になることがひとつだけあった。
それはファンダメンタル分析に関する情報収集術の項で、本書が解説しているものに対しては最低限自己収集能力が必要でしかも分析できる能力に長けていないとFX投資では勝てないということである。
どんな金融投資にしても平均していくと運用利回りは10%以下になってしまう。とはけだし格言で、リスクの少ない分散投資が一番利口な選択肢だとおもう。


さらに詳しいFX情報はコチラ≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。